アジアパー伝 西原理恵子 鴨志田穣

2000年に発売されていた本です。もっぱら鴨ちゃんのアジアウロウロ記録、という感じです。本当によく酒を飲む人なんだなあと思った。突き詰めていけば「何のために酒を飲むのか」というところまでいってしまい、本文や文中のカット(しかしカットというにはめちゃくちゃ分量多い)である西原マンガにもそのあたりがしんみりと切なく書かれて(描かれて)ました。しかしまあ、離婚した夫婦の共著を読む、というのはなんとも不思議な感覚。切ないなあ。おんなサイバラ、どこへ行く。まあこの人達はごっつたくましいからな。脱税できるかななんていう作品も描くくらいだから。サイバラマンガと鴨ちゃん文章、両方読む価値アリアリですな。B+