陰陽師 夜光杯ノ巻 夢枕獏

陰陽師 夜光杯ノ巻

陰陽師 夜光杯ノ巻

軽妙で風雅な会話と、密かなミステリ風味が大変良い。陰陽師である安倍清明と、彼の親友の源博雅がコンビとなり、あやかしの者と対峙する短編集。陰陽師シリーズはけっこう読んでいるが、久々に読んでみてもやっぱり面白かった。源博雅の天然なパワーとか、清明のふしぎパワーとか、周辺の人物のキャラクターの立ちもよく、相変わらず小気味よく楽しく読める。

「ゆこう」
「ゆこう」
そういうことになった。

上記のように、話のフォーマットが早い段階で確立されていたので、物語への安心感、安定感のようなものがしっかりと生まれている。頻繁に改行があるのも、異様な読みやすさに繋がっているのだろう。岡野玲子によるマンガは終わっているが、原作たる小説はまだなお進んでいる。定点観測的高値安定。B+